ローソンのコーヒーの買い方!セルフとマシンで味が全然違った件

スポンサーリンク
ローソンのコーヒーの買い方!セルフとマシンで味が全然違った件7
出展:http://buycott.me/sp/report/000087.html
この記事の所要時間: 約 650

ローソンのコーヒーって美味しいですよね!

ローソンのマチカフェは『待ち』カフェであるなんてピリッとした皮肉もあったりしますが、美味しいんだからいいじゃんって私は思ったりします(笑)

でもでも、待たないマチカフェもあるんですよ。そう、ごく一部の店舗にしかありませんが、ローソンにもセルフ式コーヒーが導入されているんです!

今回は、店員さんが入れてくれた通常のコーヒーとセルフ式コーヒーを飲み比べて、どんだけ味が違ったのかという記事を書いてみました!

スポンサーリンク

セルフコーヒーマシンが導入されている店舗は?

ローソンのコーヒーの買い方!セルフとマシンで味が全然違った件6出展:http://pa-factory.com/post-1997/

美味しいコーヒーを手渡しするというのがマチカフェのこだわりなので、セルフマシンはそれに反するような気がします。では、そんなこだわりに反する気のするセルフコーヒーマシンは、いったいどんな店舗に導入されているのでしょうか。

私の地元近郊で導入を確認できたのは2店舗。立地を見てみると、一件は交通量の多い国道沿い。今回、取材にお邪魔したこちらの店舗は、取材中に観光バスが何台か止まって、トイレ休憩にも利用されていました。

そのついでに、お客さん方が食料などを買っていきます。局地的に客数が増えるような店舗ですね。

もう一件も客数が半端じゃありません。3台(4台だったかも)あるレジには、常時列ができて途切れません。1件目の店舗よりさらに客数が多いです。

従業員も常に飲料補充しているようで、冷蔵庫内で待機したり、おにぎりやサンドイッチも、出しても出してもすぐに棚があいてしまうので、この品出しにも2人ほど待機しています。

そのような店舗にセルフマシンはありました。ちなみに、この店舗には店員手渡しのマチカフェはなく、セルフマシンのみです。

このようなことからわかるように、とにかく客数が多い店舗に導入されているようです。あと実際に確認はとれてませんが、オフィス街などにも導入されているようです。

朝の出勤ラッシュに手渡し対応はたしかに大変ですからね。お客さん的にも、手渡しというこだわりを貫かれるよりもスピード性を優先された方がいいのかもしれません。

普通のマチカフェと違う点は?

一番の違いは、当たり前ですが自分で淹れるか、店員さんが淹れてくれるかの違いです。わかりきったことのようですが、この差って大きいんですよね。

手渡し式は【エスプレッソ式】で抽出しされたものが提供されます。そしてセルフ式は【ペーパードリップ式】です。セブンイレブンと同じ方式です。

それでは、豆はどうでしょう。セルフ用にブレンド内容を変えたりしているのでしょうか?

こればかりは、外側からはわからないので、店員さんに聞いてみました。すると…。
 

「通常のマチカフェと共通の豆を使っています」
 

とのこと。これはちょっと意外でしたね。こだわりのマチカフェですから、てっきりペーパードリップ用の豆も焙煎してるか思いました。

導入台数とコストが吊り合わないということでしょうか。残念(笑)

でも逆に考えると、エスプレッソ抽出とペーパードリップ抽出を、同じ豆で味の違いが楽しめるということです!

となると善は急げ。抽出の方法によって、味の違いなどを確認すべく実際に試してみましょう。

セルフ式マチカフェコーヒーの買い方・淹れ方

と、その前に、買い方を簡単にご説明しておきますね。

通常と同じように、レジで「マチカフェのブレンドコーヒーください」と注文します。私の行ったお店には、セルフと店員さんが淹れるマチカフェと両方あったので、「セルフですか?お淹れしますか?」と確認されました。(ちょっと新鮮!)

セルフの場合は「セルフ」、淹れてもらう場合は「淹れてください」とお願いするとOKです。セルフの場合は紙コップを渡されるので、レジ近くのマシンで自分で抽出します。

今回は飲み比べをするので、セルフと店員さんに淹れてもらうのを一つずつ頼みました。店員さんが淹れてくれている間に、自分も抽出します。

ローソンのコーヒーの買い方!セルフとマシンで味が全然違った件1

これが今回お世話になる、セルフマシンです。セブンイレブンのマシンと変わらないぐらい、シンプルな作りですね。

ローソンのコーヒーの買い方!セルフとマシンで味が全然違った件2

買い方や抽出の仕方についての説明書きがありました。セルフ初心者も安心です。

ローソンのコーヒーの買い方!セルフとマシンで味が全然違った件3

メニューはホットとアイスのコーヒーのみ。サイズも2種類のみの対応です。カップを中に入れて、抽出したいボタンを押すとスタートします。

早速抽出スタート! ……あれ?豆を挽く音がしません。無音です。でも稼働はしているし…。まさかお湯しか出ないのでは……?

心配に待つこと約40秒。ちゃんとコーヒーが出来上がってました。静音仕様なんでしょうか(^_^;)

同じようなタイミングで、店員さんが淹れてくれたコーヒーも出来上がっていました。

いざ実飲・味の違いは?

ローソンのコーヒーの買い方!セルフとマシンで味が全然違った件4

それでは、いただきます!

どっちがどっちか、わかりますか?実はこの時点で、見た目に差があるのがわかります。どこでしょう?( ̄▽ ̄)フフフ…

それは、店員さんが入れてくれた方には、細かな泡が載っています。この写真でいうと、左側ですね。でも、この泡の有るか無しかは、味には関係ないと思われます(たぶん)。

では、淹れたてをいただきましょう。まずは普通のブレンドコーヒーから。

まず一口。うん、苦い!熱くてまともに飲めない!ので、味もよくわからない!もう少し放置してから飲むことにします。

冷ましてる間に、セルフのコーヒーを一口。……うん、苦い!こちらも熱いので放置。うーん、まともなレビューができるか不安になってきました……。

ところが、冷ましたことで味の違いがはっきり出てきたのです!

数分後、ぬるまったコーヒーに再度口をつけました。すると……普通のコーヒーの方は先ほど同様に苦味が強く出たのですが、セルフのコーヒーは酸味のほうが強いように感じます。セブンイレブンのコーヒーも、苦味が弱いイメージでしたが、似たような味わいですね。飲みやすいです。

そして、不思議なのですが、同じ時間置いておいたのにセルフのほうが、よりぬるく感じます。抽出直後は同じだったように感じましたが。朝の忙しい時間に飲むなら、セルフのほうがすぐ口をつけられていいかもしれませんね!

飲み終えてから、ふと見るとマシンの横にこんなPOPを発見。

ローソンのコーヒーの買い方!セルフとマシンで味が全然違った件5

マチカフェ……エクスプレス!?なんかかっこいい名前がついてますね。抽出方法の違いや、味の違いについても説明されていました。通常のマチカフェとは別物、という認識でいいんでしょうかね。

店員さんに聞いてみた!

取材に協力していただいたお店の店員さんに、話を聞いてみました。

Q.セルフと普通のコーヒー、どちらが人気?

A.「セルフにしますか?」とお客様に伺うと「店員さんが淹れてくれるのがローソンの良いところでしょ」と言われることがあります笑。ありがたいことです。

しかも、1人2人ではないそうです。時間帯にもよるけれど、手渡しのほうが多いとのこと。やはり、手渡しコーヒー=ローソンというイメージが定着しているのですね!

Q.個人的には、どちらが好きですか?

A.どちらの味も好きです!抽出方法によって味が違うので、気分によって変えています。

これは両方取り扱いがあるお店の利点ですね。飽きなくていいかも。

お忙しい中、ありがとうございました!

まとめ

マチカフェコーヒーの2つの違いについて、おわかりいただけたでしょうか。苦みが強いエスプレッソ抽出と、飲みやすいドリップ抽出という違いがありましたね。

それにしても、抽出方法がドリップかエスプレッソかで、ここまで味が違うとは驚きでした。改めて、コーヒーって奥が深いですね!

もしあなたが行くローソンに、通常のマチカフェの他にセルフマシンがあったなら。試しに飲み比べてみてください。

いろいろな発見があるかもしれませんよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました!

記事が面白かった場合は
下のボタンから「いいね!」してもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSagittariusAppをフォローしよう!

シェアありがとうございます!

フォローありがとうございます!

スポンサーリンク