ローソンのカット野菜の安全性〜消毒と添加物が危険てホント?

スポンサーリンク
ローソンのカット野菜の安全性 消毒と添加物が危険らしい1
出展:http://vip.blomaga.jp/articles/30570.html
この記事の所要時間: 約 625

「カット野菜」という言葉を聞いて思い浮かべることは何ですか??

ネット情報には、「塩素に浸かってるものなので体に悪い」や「普通の野菜よりも綺麗で安心」、「変色しないことから添加物だらけ」など様々な意見があります。料理や食に無関心な方はもうカットされているので楽だと感じ、購入する人も少なくはないと思います(´・ω・`)

では、ローソンに売られているカット野菜の安全性はどうなのか?消毒や添加物の危険性、そもそもカット野菜の作り方は?カット野菜の栄養素は?などカット野菜についての様々な情報をお届けしたいと思います☆彡

スポンサーリンク

カット野菜の作り方

ローソンのカット野菜の安全性 消毒と添加物が危険らしい3

そもそもカット野菜ってどうやって作られているのか…??知らない方も多いんではないでしょうか?まずはカット野菜の作り方をご紹介しますね(*^^)v

HACCP手法に基づくカット野菜の加工方法

出荷までの行程(レタスの場合)
・野菜の受け入れ
・洗浄(水で)
・レタスの芯をカットする
・レタスの葉をほぐす
・洗浄(水で)
・カッターもしくはスライサーでカットする
・除菌液浸漬(次亜塩素酸ナトリウム・界面活性愛)
・水洗い(10~30分)
・脱水機で水切りする
・計量
・容器、袋詰、パック包装
・金属探知機で検査
・梱包
・冷却、冷蔵保存
・配送

カット野菜は主に専門の加工工場で作られます。カット野菜の品質低下を防ぐため加工工場では原料となる野菜と、加工で使用される機器の洗浄・殺菌はもちろん徹底されています(^O^)まず野菜は地下水や水道水で予備洗浄されます。

予備洗浄をすることで、野菜についている土を落とし野菜の温度を下げて品質低下を防止する効果があります(^^)きちんとした洗浄を行なうことで、微生物の数を大幅に減らし殺菌と同様の効果が得られますよ☆彡

カット前か後、もしくは両方で野菜の殺菌を行ないます(*^^)vカット野菜の殺菌剤として主に使われるのが次亜塩酸ナトリウムです。次亜塩酸ナトリウムはカット野菜などの洗浄以外にも、家庭用の塩素系漂白剤・殺菌剤としても利用されています(´・ω・`)

ローソンのカット野菜の安全性は?

そんな野菜の消毒に使われている次亜塩素酸ナトリウムは確かに摂りすぎると体に良くないものです。しかし次亜塩素酸ナトリウムは水道水にも含まれていますが、ある程度の濃度であれば問題はないです!水道水に含まれている次亜塩素酸ナトリウムが原因で体調を崩した人なんてたぶん…

いないですよね( ゚Д゚)

ましてやカット野菜は次亜塩素酸ナトリウムで消毒した後にきちんと殺菌剤を洗い流していますよね(‘ω’)次亜塩素酸ナトリウムが残っていたとしてもわずかだと考えるのが妥当ですよね!ですから、カット野菜は危険性を心配するほどでもないと考えても大丈夫でしょう。

そんな工程を経て作られたカット野菜の袋を開けた時に塩素っぽいニオイがすることがありますが、もちろん殺菌の為に使用した次亜塩酸ナトリウムが原因です(-ω-)その次亜塩酸ナトリウムは食品添加物として認可されているので安全性は保証されているのです!

カット野菜は何度も水や次亜塩酸ナトリウムによる洗浄を繰り返しますが、これは微生物や菌を除去することで危険性を排除し安全な商品にする為に欠かせない作業ですよね(^_-)-☆

また食品の変色を防ぐためクエン酸、グルコン酸、コハク酸など鮮度維持を目的にpH調整剤が使われることがあります。次亜塩酸ナトリウムやpH調整剤は食品添加物ですが、調査・検査の結果食べても安全なものを国が認可しているので、食べても健康を害することはありません(‘ω’)ノ

そのため食品添加物を気にしてカット野菜を食べず、野菜不足を解消しないほうが体に悪いことになりますよ!

カット野菜の栄養素は?

コンビニなどで売られているカット野菜は何度も繰り返し洗浄され、栄養素が洗い流されてしまうのでほとんど栄養素が残っていない!残っているのは食物繊維くらいだ!と思っている方多いのではないでしょうか??

確かに、野菜類には水に溶けてしまうビタミンCや葉酸などが含まれています(-ω-)そしてカット野菜は何度も洗浄を繰り返されていますがビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなど、水に溶けない栄養素もたくさん含まれています☆彡

またカット野菜に残っている栄養素を調べたら、水に溶けるビタミンCなども半分は残っているという調査結果があるんです!その調査結果から実際には水に溶ける栄養素がすべて消えることは考えにくいということです(^O^)

例えばほうれん草やブロッコリーにはビタミンCが含まれていますが、茹でると半分くらい失われてしまうと言われています。それよりも蒸したほうが栄養素が失われにくいからいいと言われていますね(*´ω`)

茹でた場合で失われるビタミンCが半分です。それなのに何回も洗浄することですべての水に溶ける栄養素が失われるとは考えられないですよね(*^^)vですからこれらを踏まえると水に溶けるビタミンCなども半分は残っていると考えたほうがいいでしょう。

ですのでコンビニなどで売られているカット野菜である程度は野菜不足を補うことができるということですね!

カット野菜で簡単レシピ

ローソンのカット野菜の安全性 消毒と添加物が危険らしい2
毎日毎日ご飯を作っているとやっぱりメニューに困ったり、面倒な時とかありますよね(-ω-)そんな時はローソンカット野菜で時短レシピはいかかですか?ご参考までにご覧ください(*^^)v

コースロールや千切りキャベツで簡単お好み焼き!

コースロールに卵、小麦粉、水、長芋、だしの素などお好みの調味料を加え混ぜ、あとはフライパンでこんがり美味しく焼くだけ(*´ω`)お好み焼きって何がめんどくさいかっていうとやっぱりキャベツを切る工程ですよね~(´・ω・`)

カット野菜はそんな悩みを解消してくれます(^O^)/特に一人暮らしの方にお勧めですよ☆彡

カット野菜で簡単中華丼!

カット野菜を水、鶏がらスープの素で煮込み、オイスターソース、醤油、ごま油で味を調節して、水溶き片栗粉でとろみをつけます(‘ω’)ノとろみがついたら卵で綴じ、あつあつご飯のに乗せたら、野菜中華丼の完成です!

野菜だけでヘルシーに仕上げてもよし、豚肉を入れてがっつりした中華丼にしてもいいですね~!バリエーション豊富で、調味料を変えたらまた違う雰囲気のどんぶりが楽しめそうですね(^_-)-☆

カット野菜で簡単ハムキャベツサンド!

お昼ごはんはパン派の方ももちろんいらっしゃいますよね(*´ω`)でもサンドイッチって作るのに結構時間が…そんな方にお勧めなのがこのハムキャベツサンドです(^^♪

パンの上にハム、チーズをのせ、その上にマヨネーズ・塩コショウであえたキャベツのコースロールをたっぷり乗せパンでサンドします!たったこれだけでサンドイッチが完成しますよ~(*´▽`*)

時間がない主婦や、一人暮らしの方、ヘルシーご飯がいい方にぴったりのレシピをご紹介しましたよ(*^-^*)自分のお好みの味とどんなご飯が食べたいかに合わせてぜひぜひ作ってみてくださいね☆彡

まとめ

いかかでしたか?ローソンのカット野菜は危険だ!体に悪い!と言われていましたが、許容範囲の濃度でちゃんと安全性が確保されているうえで殺菌や消毒が行われています(^O^)/

ですので、「添加物は体に悪いから」「塩素だらけやから」と言って野菜を食べない方が逆に栄耀不足になってしまいますので、バランスのよい食事を心掛けましょうね(*^^)v

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました!

記事が面白かった場合は
下のボタンから「いいね!」してもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSagittariusAppをフォローしよう!

シェアありがとうございます!

フォローありがとうございます!

スポンサーリンク