猿が自閉症でとる行動って?アスペ治療や脳は人間の大人とどう違う?

スポンサーリンク
猿 小さい ひとりぼっち よそ見
この記事の所要時間: 約 411

 一般的に先天性疾患で、何かしらの要因で脳に障害が起こり、発達に影響を及ぼす自閉症。
 
発達障害である自閉症やアスペルガー症候群などは、自閉症スペクトラム障害という障害名で一括りに分類され、約100人に1人の割合で自閉症の方がいるといわれています。
 
 猿の自閉症が日本で初めて確認されましたが、その行動や脳の働きが、人間とどう違うのか独自で調べてみました。

スポンサーリンク

「自閉スペクトラム症」ニホンザルに確認

対人関係を築きにくいとされる「自閉スペクトラム症」と同じ症状を持つニホンザルを確認したと、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などのチームが明らかにした。

 人間以外の動物で、遺伝子操作をせずに自閉スペクトラム症が確認されたのは初めてという。

 他者の行動に反応する神経細胞がほとんどなく、遺伝子の特徴も人と共通していた。チームは「これまで謎だった自閉スペクトラム症の仕組みの解明につながる」と期待している。

 自閉スペクトラム症は自閉症などの発達障害の総称で、人間では100人に1人程度いるとされる。チームは飼育中のサル1匹が人になつかず、自分の爪をかむ行動を繰り返すなど、自閉スペクトラム症に似た特徴を持つことに着目。遺伝子解析の結果、特定の遺伝子が変化した影響で、人と同じような症状が表れたと結論づけた。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161119-00050127-yom-sci

猿が自閉症でとる行動

 自閉症は、先天性疾患ということのみ分かっており、はっきりとした要因は解明されていません。
 
 症状としては、コミュニケーション能力の欠落や、注意力の散漫・集中力低下などの症状があげられています。
 
 行動情報を処理する神経細胞が障害を起こし、同じ動作を幾度となく繰り返したり、うまく言葉を発することが出来ない、などの症状がみられます。
 

では、今回日本で初めて確認された猿の行動は・・・

理化学研究所(埼玉県和光市)で飼育されていた研究用のニホンザルで、人間に懐かなかったり、自分の爪を頻繁にかんだりする個体に着目。他者の行動を読み取る能力を調べるため、他のサルと対面で座らせ、交互に2色のボタンのうち一つを触らせる実験をした。

 当たりの色のボタンを触ると、2匹ともジュースがもらえるとのルールを設定。当たりの色はしばらく変えず、相手がどちらを選ぶか観察すれば、正解する確率が高まるようにした。しかし、このサルは相手の動きを見ずに選んでいた。
出典:http://mainichi.jp/articles/20161119/k00/00e/040/239000c/
 

 

 人間の自閉症の症状と同様、同じ動作を繰り返し行ったり、周りの状況や行動を読み取る能力が他の猿に比べ低下しているようです。
 
猿は学習能力が高く、他の猿や人間の行動を見て真似をしたり、同じ動作を反復することにより記憶するそうですが、自閉症の猿は著しく知能が低下しています。
 
 猿は人間に近い生物とされていますが、猿と人間の脳の仕組みは同じなのでしょうか。
 

猿と大人の人間の脳の違い

 今回自閉症と診断されたニホンザルは、「真猿類」と呼ばれマカク族に分類されます。
 
 チンパンジーやゴリラなどは「類人猿」として分類され、人間を含んだ哺乳動物の中で著しく脳が発達した動物の総称「霊長類」に分類されています。
 
 猿は、人間の遺伝子情報の95%を共有していて、脳の基本的な構造もほとんど同じ。最も人間に近いとされています。

人間は言葉を発することが出来ますが、猿は人間のしゃべる言葉を理解できても言葉を発する事は出来ません。さらに、前頭葉の仕組みの違いで、記憶容量が人間よりも少ないのです。
 
 先天性自閉症のニホンザルの分類されるマカク族は、脳内の神経原線維変化がみられないため、後天性のアルツハイマー病にはならないそうです。

アスペルガー症候群の治療法とは?

 アスペルガー症候群などは、原因が明確ではないため根本的な治療法はまだ見つかっていません。
 
しかし、投薬により症状を緩和させたり、病院やさまざまな施設と連携しトレーニングを行い、症状緩和や改善につなげる療育が近年では多くなっているそうです。

まとめ

さて、猿が自閉症でとる行動についての記事はいかがだったでしょうか。
 
中国では、遺伝子操作で猿の自閉症を発症させたと報告されていますが、障害を持った猿を遺伝子操作で作り出して研究に使用することは、いかがなことかと思います。
 
自閉症の原因が明確になり、治療法が見つかることがあればとても素晴らしい事ですが、人も動物も命が大切な事には変わりありません。
 
日本で確認された自閉症の猿も、症状の緩和や改善で良い方向に進むように祈るばかりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました!

記事が面白かった場合は
下のボタンから「いいね!」してもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSagittariusAppをフォローしよう!

シェアありがとうございます!

フォローありがとうございます!

スポンサーリンク