男性保育士の性差別問題 保護者から反発や必要性を元女性保育士が考察してみた

スポンサーリンク
男性、保育士、子ども、仕事
出展:http://jin115.com/archives/52163830.html
この記事の所要時間: 約 348

千葉市長が、ある件について、ツイッターで問題提起しました。男性保育士の性差別についてで、ネットでは賛否両論あるようです。

私も保育士の経験があり、男性保育士と働いたこともあります。特に違和感を感じたことも、保護者からの反発も聞いたことはありません。

では、どのような問題があるのか、保護者からの反発はどのようなものか、そして、男性保育士の必要性について、私の経験を踏まえ、まとめてみました。
 

スポンサーリンク

「男性保育士活躍推進プラン」が男性保育士の性差別の改善に?

「男性保育士活躍推進プラン」とは何でしょうか?昔から女性に対しての政策ばかりで、男性のための政策はあまり聞きませんよね。

なぜ、このプランが策定されたのか気になるところですね。まず、どのようなプランか調べてみました。

千葉市は2017年1月18日、「男性保育士活躍推進プラン」を策定した。プランの中では、(1)男女の性別に関わらず同じ業務を行えるようにする、(2)男性用のトイレや更衣室など環境面の整備を計画的に進める――といった目標を掲げている。
出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000000-jct-soci

男性が増えてきたとは言っても、まだまだ女性が多い保育士という職業。そして、昔は保母さんと呼ばれていたこともあり、どうしても女性のイメージが強いですよね。

だから、保護者も保育士は女性というイメージなのでしょうか?今回「我が子のオムツ替えをしないでほしい」などの声があったことが、このようなプランができた背景にあるようです。
 

保護者から受け入れられている?反発は?

なぜ、今回のように「我が子のオムツ替えをしないでほしい」などの声があがるのか、私は疑問でした。だって、家庭でもパパがオムツを替えることだってあるでしょう。

それが、たんにパパもする仕事だから、男性がしてもいいということではないようですね。

  • 女の子の子どもをもつ親としては、同姓の女性保育士にオムツ替えや着替えなどをしてほしい
  • 性犯罪者の9割が男性だという現実をみると、男性保育士を受け入れられないのは仕方がない

と、なかなか厳しい(^_^;)中には、オムツ替えや着替えだけでなく、プールの引率や身体測定の担当をしないでと言われたこともあるとか。

私も女の子をもつ親なので、その気持ちが分からないわけではありませんが、難しいところですね。実際、男性保育士に対して、みなさんどう思っているのか、ツイッターで調べてみました。

男性保育士もプロ意識を持ってされているので、担当を外される現状に納得がいかない方が多く見られました。

中には男性保育士がダメなら、男性の小児科医師も同じことが言えるんじゃないかと言っている方がいて、確かにそうなりますよね。
 

男性保育士の必要性

上記で、保護者からの反発があるのはわかりましたが、ツイッターを見ると、男性保育士の必要性は高いことも分かりました。

ただでさえ、今は保育士が足りていない状況です。潜在保育士が多いと言われている世の中です。男性の中にも、資格はとったけど、働いていないという人もいるでしょうね。

私も男性保育士と一緒に働きましたが、女性保育士とはまた違って、良さを感じました。家庭でも、母親と父親がいるのと同じように思います。

体を使った遊びができたり、力仕事ができたり、男の子が気持ちが分かったり、冷静に物事が見れたり、男性ならではなことだってありますよね。
 

まとめ

保護者の声を受け入れるのも大切ですが、男性というだけで保育士の仕事を、思うようにできないのはつらいものですね(;_;)

女性だからよくて、男性だからダメだというのは、性差別になってしまいます。お互い気持ちよく、子どもを預けて、保育をしたいものです。

そのためには、信頼関係が一番ですね☆

いい関係を築きましょう(^-^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました!

記事が面白かった場合は
下のボタンから「いいね!」してもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSagittariusAppをフォローしよう!

シェアありがとうございます!

フォローありがとうございます!

スポンサーリンク

コメント

  1. 男児の母 より:

    男性小児科医と男性保育士の業務上でのシチュエーションが違います。

    小児科医診察時は必ず保護者か看護師が付き添います。それに対して男性保育士の身体介助時に誰か他の人が付き添うんですか?
    また、緊急性の問題と職業の人口に対する比率を考えた時に医師の人数と保育士の人数でも、比較には相応しくありません。
    医院に一人二人しかしない医師は交替が利きませんが、保育園に保育士は何人もいますよね?

    比較の対象に出すならば、そこは看護師と介護士(老人介護・障害者介護)でしょう。
    なぜそこに触れないんですか?日常の世話という意味でも職業比率としても保育士に近いのは看護師ですよね?

    私には屁理屈のようにしか聞こえませんよ、この記事。