【福岡スペースワールド】魚氷漬けスケートリンク画像や批判の声まとめ

スポンサーリンク
【福岡スペースワールド】魚漬けスケートリンク画像や批判の声まとめ1
出展:スペースワールド公式サイト紹介ページより(現在削除されています)
この記事の所要時間: 約 616

福岡県北九州市のスペースワールドで、魚約5000匹を氷漬けしてアイススケートリンクを作ったと大騒ぎになっています。

実際の写真や批判の声をまとめました。

スポンサーリンク

福岡スペースワールド魚氷漬け

福岡県北九州市にあるスペースワールド。

【福岡スペースワールド】魚漬けスケートリンク画像や批判の声まとめ2出典:http://www.walkerplus.com/spot/ar1040s03545/

 
11月12日、福岡県北九州市のテーマパーク「スペースワールド」で、海の上を滑っている味わってもらいたいと「氷の水族館」という企画名で今季初の公開となりました。

サンマやイワシなど約25種類の魚が使用され、小ぶりな魚は死んだ状態で水揚げされていたものを使用していたようです。
 
「前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違いなし!」と宣伝。
 
公式Facebookでは、魚を凍らせる作業の様子や魚をリンク上に埋める様子を投稿していましたが、話題となってからは”不適切な投稿”として削除していました。
 
「死んでいた魚を使用して」とコメントしていますが、それが本当なのかも定かではありません。新しい企画のために、約5000匹も氷漬けにするとは…。
 
2013年度は、年間入園者数約164万人でテーマパークランキング第5位に選ばれていましたが、2015年ではランキング上位から外れています。
 
入園者数も減少しているので、新しい企画で集客をしようとしていたのは一目瞭然ですが、今回は少しやりすぎですね。
 
実際に投稿されていたスケートリンクの画像を見てみましょう。

スケートリンクの画像

 
スケートリンクに漬けられた魚の写真です。

【福岡スペースワールド】魚漬けスケートリンク画像や批判の声まとめ3出典:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/26/news033.html

半分以上体が出ていますね。
「おっ・・・おっ・・溺れる・・」などとコメントをつけてFacebookに投稿していたようです。これは笑えません。
 
【福岡スペースワールド】魚漬けスケートリンク画像や批判の声まとめ4出典:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/26/news037.html
 
ジンベイザメやエイなどの大きな魚は、写真を等身大に引き伸ばして埋め込んでいるそうです。なぜ他の魚も写真にしなかったのでしょうか…。
 
【福岡スペースワールド】魚漬けスケートリンク画像や批判の声まとめ5スペースワールド公式サイト紹介ページより(現在削除されています)
 

【福岡スペースワールド】魚漬けスケートリンク画像や批判の声まとめ6出典:http://news.livedoor.com/article/image_detail/12336909/?img_id=11579617
 
スケートリンク上の氷の厚みは、8センチ〜10センチ程度。
 
上記の写真のような厚みであれば、魚の形はほとんどボヤッとしています。死んでいたとしても本物の魚を使用する必要があったのでしょうか。
 
これらの写真や福岡スペースワールドのコメントに対する批判や、利用者の声をまとめてみました。
 

批判や利用者の声

展示当初に氷が溶けてしまったことにより、魚の体が表面から露出していたり、血がにじんでいたなどの声もあったようです。
 


 
これらの批判を受けて福岡スペースワールドはツイッターや公式サイトで中止を発表しています。
 


 

アイススケート フリージングポート一時休止について
 
氷の水族館に関して様々なご意見を頂いております。
 
「いきものを娯楽・イベントとして使うのはおかしい。」「お魚がかわいそう。」など、多数のご意見、重く受け止めております。
 
氷の水族館について不快に思われた皆様に深くお詫び申し上げます。
つきましては、本日から氷の水族館の企画は中止させていただきます。
 
会場のアイススケート場の再開日は、決まり次第ホームぺージにてお報せします。出典:http://www.spaceworld.co.jp

 
しかし、それとは逆に、こんな声もあるようです。
 


 
 
「かわいそう」や「趣味が悪い」などの意見が大半ですが、スケートリンクの魚氷漬け写真を投稿していなければ、ここまで批判が大きくなることもなかったのかもしれませんね。

まとめ

さて、福岡スペースワールドの魚漬けスケートリンクの記事、いかがだったでしょうか。

今回、企画者の発言や広告内容だけでなく、スケートリンクに魚の氷漬け作業の様子などを、TwitterやFacebookで公開したために、多くの批判が生まれ企画が中止となりました。

北海道立オホーツク流水科学センターでは、オホーツク海の魚を”凍り漬け”にし、展示をする厳寒体験室があります。
 
魚を凍らせることには、変わりありませんが、福岡スペースワールドの「氷の水族館」は、現在の日本の倫理観とは少々かけ離れてしまったようです。

大人も子供も楽しめる企画に提案に、期待がかかります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました!

記事が面白かった場合は
下のボタンから「いいね!」してもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSagittariusAppをフォローしよう!

シェアありがとうございます!

フォローありがとうございます!

スポンサーリンク