【NMB48】チームM初日公演予想!白間美瑠と渋谷凪咲のソロ曲は?

スポンサーリンク
チームM,川上礼奈,木下百花
この記事の所要時間: 約 740

2017年1月24日NMB48劇場にて新チームM公演の初日がいよいよ行われます。

公演のタイトルは未定で初日にはじめて何の公演を行うかということがわかり、大組閣後、新チームMとしてのはじめての公演となります。

新チームMの公演がどの公演でみんなを驚かせてくれるのか、ユニット曲はどのような曲でチームのオリジナル性がある曲が選ばれているのか。

新チームMの中心メンバーである白間美瑠、渋谷凪咲のソロ曲が聞けるのかどうか、新チームMの公演のタイトル、ユニット曲など何を歌うのかを予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

新チームMの公演は何

チームM,千秋楽,RESET,村瀬紗英

新チームMの公演はいったい何になるのかということを考えるにあたってチームMの今までの公演から振り返っていきたいと思います。

チームMとしては新公演は3回目の新公演となり1回目が『アイドルの夜明け』公演、2回目が『RESET』公演でした。

1st Stage『アイドルの夜明け』公演

『アイドルの夜明け』セットリスト

アイドルの夜明け
みなさんもご一緒に
春一番が吹く頃
拳の正義
残念少女
口移しのチョコレート
片思いの対角線
天国野郎
愛しきナターシャ
女子高生はやめられない
好きと言えば良かった
そばかすのキス
タンポポの決心
横須賀カーブ
アリガトウ

チームMとはじめて行われた公演は『アイドルの夜明け』公演でオリジナルはAKB48のチームBの公演ではじめてのチームが行うことがよくある『PARTYは始まるよ』『青春ガールズ』『アイドルの夜明け』のうちの一つです。

2nd Stage『RESET』公演

『RESET』セットリスト

RESET
洗濯物たち
彼女になれますか?
ウッホウッホホ
制服レジスタンス
奇跡は間に合わない
逆転王子様
明日のためにキスを
心の端のソファー
毒蜘蛛
オケラ
ホワイトデーには…
ジグソーパズル48
星空のミステイク
夢の鐘
引っ越しました

チームMと2回目の新公演は『RESET』公演でオリジナルはAKB48のチームKの公演でNMB48のメンバーにも人気の高い公演で歌も振付けも激しい公演です。

基本的にAKB48のチームKの公演は大島優子がキャプテンとしていたチームで振付けが激しい公演が多いです。

新公演を予想

新チームMの初日に先立って2017年1月15日に新チームNの公演の初日が行われました。

新チームNの新公演は『目撃者』公演でオリジナルはAKB48のチームAでチームMの前の公演はAKB48のチームKの『RESET』公演だということでチームKの公演なのでないかと思われます。

AKB48 チームKの公演

1st Stage『PARTYが始まるよ』
2nd Stage『青春ガールズ』
3rd Stage『脳内パラダイス』
4th Stage『最終ベルが鳴る』
5th Stage『逆上がり』
6th Stage『RESET』

けれど続けてチームKの公演がチームMで行われるとやはりサプライズ感がなく予想されやすいので期待を持たせるという意味ではチームKの公演でないほうが良いです。

AKB48のチームKの公演で考えた時に『RESET』公演は前と同じですのでなく『逆上がり』公演は前のチームB2の公演が『逆上がり』公演だったのでないと思います。

『PARTYが始まるよ』『青春ガールズ』『脳内パラダイス』は新公演としては少しインパクトが弱い公演だと私は思うので『最終ベルが鳴る』公演が比較的人気の高くコールしやすいのでこの公演でないかと予想します。

オリジナルがチームKの公演だったらという前提で予想していますので他のチームの公演であることは十分考えられます。

48グループ関連記事

よかったら、こちらも記事もご覧ください。

ユニット曲は何

通常劇場公演のユニット曲というとオリジナルの劇場公演をセットリストに含まれているユニット曲を歌うことが多いです。

『RESET』公演のユニット曲は『制服レジスタンス』『奇跡は間に合わない』『逆転王子様』『明日のためにキスを』『心の端のソファー』の5曲となり前の公演でもメンバーがユニットを組んで歌っていました。

しかし最近の新公演のではユニット曲だけを変えることが多く新チームN公演の『目撃者』公演のユニット曲もオリジナルと変えていました。

オリジナルの『目撃者』

オリジナルのユニット曲

腕を組んで
炎上路線
愛しさのアクセル
☆の向こう側
サボテンとゴールドラッシュ

オリジナルの『目撃者』公演のユニット曲としては指原莉乃が歌っていた『炎上路線』高橋みなみのソロ曲の『愛しさのアクセル』とAKB48のリクエストアワーにもランクインするユニット曲がセットリストに入っています。

新チームNの『目撃者』

新チームNのユニット曲

10クローネとパン
おNEWの上履き
スキャンダラスに行こう
フィンランド・ミラクル
抱きしめられたら

新チームNの『目撃者』公演のユニット曲はAKB48のアルバム『次の足跡』に収録されていた『10クローネとパン』チームNの『ここにだって天使はいる』公演の『おNEWの上履き』などがあります。

グループ、チーム問わずさまざまなところから曲を選んで決めたユニット曲がセットリストが組み込まれています。

新チームMのユニット曲

新チームMのユニット曲も新チームNのようにオリジナル公演から変えてくると思うので公演が分かったからといってユニット曲がオリジナルの公演のユニット曲と同じとは限らないです。

なおかつ劇場公演以外のアルバム、シングルの曲がユニット曲として歌うと考えるとどのような曲を歌うのかというワクワクとドキドキで期待がいっぱいですごく楽しみです。

ユニット曲を予想することはすごく難しいです。

白間美瑠、渋谷凪咲のソロ曲はあるのか

https://twitter.com/_Nagisa_Shibuya/status/784752703830237184

劇場公演のセットリストの中にあるユニット曲にはソロ曲があることが多く新チームMではソロで歌うことができるメンバーが二人います。

その二人というのは白間美瑠と渋谷凪咲のことです。

新チームMの中心メンバー

白間美瑠と渋谷凪咲は新チームMで中心となるメンバーといって過言ではありません。

新チームMになる前は山本彩という絶対的なエースがいる中で次世代エースとして各チームにWセンターがいました。

各チームのWセンター

チームN
須藤凜々花、太田夢莉
チームM
白間美瑠、矢倉楓子
チームB2
薮下柊、渋谷凪咲

しかし大組閣により見事にバラバラになり新チームMとなり、そんな二人がチームの中心といえます。

というわけでソロ曲の話に戻します。

渋谷凪咲のソロ

渋谷凪咲のソロ曲といいますと前のチームがチームB2で劇場公演ではAKB48のチームKの『逆上がり』公演をやっていました。

『逆上がり』公演には『虫のバラード』というソロ曲の中でも感動を呼ぶ曲を渋谷凪咲は歌っていました。

ツイッターなどでもアカペラで歌ってる動画や音声を上げており私もいつも渋谷凪咲の声に癒されております。

白間美瑠のソロ

白間美瑠も同じく『虫のバラード』を『NMB48 Live House Tour 2016 FINAL』で歌ってファンの中ではうまいと定評があります。

白間美瑠の声は渋谷凪咲の癒しというよりも力強さという歌声で励まされているような感じです。

どちらもソロ曲を歌うにあたっては申し分なく二人で歌うユニットが聞いてみたいなと思います。

まとめ

新チームMの劇場公演は白間美瑠、渋谷凪咲だけではなくさまざまなチームから組閣で集まっており正規メンバーも研究生それぞれがこういった公演だったらファンが楽しめるのではないかと毎日話し合って初日をむかえようとします。

初日をむかえたからといってそれで終わりではなくこれからその公演を長く多く行っていきます。

できが100%でなくても繰り返しやることによってコールや合いの手でファンとともに作り上げていくのが劇場公演だと思っていますので初日だけで判断するのではなく2回、3回それよりも多く劇場公演をみて新しい発見をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございました!

記事が面白かった場合は
下のボタンから「いいね!」してもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSagittariusAppをフォローしよう!

シェアありがとうございます!

フォローありがとうございます!

スポンサーリンク